よくある質問

ノーノースメルの成分は?医薬部外品に認定された理由とは!

投稿日:

ノーノースメルの成分のメリットとデメリットを解説

足の激臭がケアできるノーノースメル

医薬部外品に認定されています。

きちんとパッケージにも薬用と書かれていますね。

ノーノースメルの成分のメリットとデメリットを解説

しかし、どんな成分が入っていて、どんなメリットとデメリットがあるのか気になりませんか?

この記事では、ノーノースメルに入っている成分のメリットとデメリットを紹介していきます。

 

ノーノースメルの成分

まずはノーノースメルに入っている全成分を一覧にまとめました。

有効成分

イソプロピルメチルフェノール

その他の成分

精製水、パルミチン酸イソプロピル、デカメチルシクロペンタシロキサン、ベヘニルアルコール、濃グリセリン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、1.3-ブチレングリコール、1.2-ペンタンジオール、メチルポリシロキサン、ヒドロキシアパタイトヒノキチオール、カキタンニン、パリエタリアエキス、l-メントール、結晶セルロース、紅茶エキス、ゴボウエキス、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキスホップエキス、レモンエキス、キューカンバーエキス、ゼニアオイエキス、セイヨウニワトコエキス、ローマカミツレエキス、ローズマリーエキス、マツエキス、ニンニクエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウエキス、チャエキス(1)、パルミチン酸セチル、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、天然ビタミンE、乳酸ナトリウム液、乳酸、香料、エタノール、無水エタノール、フェノキシエタノール

有効成分はイソプロピルメチルフェノールとなっています。

このイソプロピルメチルフェノールが厚生労働省からも一定の効果が認められていて、規定の量が配合されているので、医薬部外品として認定されているんですね。

 

ノーノースメルの成分のデメリット

ノーノースメルの成分のデメリットは、ぬった直後だとややベタつきが気になる可能性があるという点です。

  • パルミチン酸セチル
  • ベヘニルアルコール

など、油剤もしくは乳化安定剤としての役割を持っている成分が配合されています。

クリームタイプの商品なので入っているわけですね。

こうした成分が入っているおかげで、しっかりと乳化し肌にも馴染んでくれるのですが、塗った直後には若干のぬめりを感じることもあるかもしれません。

 

ノーノースメルの成分のメリット

ノーノースメルの成分のメリットとして代表的なのは、2つです。

  • イソプロピルメチルフェノール
  • L-メントール

まず有効成分のイソプロピルメチルフェノールですね。

殺菌・抗菌の作用が知られている成分です。

菌が原因となるニオイには総じて有効な成分です。

足の臭いはもちろん、たとえばワキガにも効果を発揮するとされています。

足の激臭の原因は、汗をかいて剥がれ落ちた古い皮脂を悪玉菌が食べることです。

この悪玉菌を退治してくれるという点で、ニオイでごまかすのではなく、根本的な解決ができる点がメリットですね。

2つ目の成分はL-メントールです。

こちらはさわやかなミント系の香りが特徴の成分です。

足の激臭を根本から解決するには先ほど紹介したとおり、悪玉菌のケアをする必要があります。

しかし、それは2,3日で解決する話ではありません。

とはいえ、いますぐにでも足の臭いをなんとかしたいところ…。

そんなときにこうした香料が入っている事で、一時的には臭いを軽減しつつ、徐々にイソプロピルメチルフェノールで本格的な殺菌が期待できるという点がメリットですね。

ニオイを制御しながら同時に根本的な解決も期待できる点が優れているといえるでしょう。

その他、ノーノースメルの詳しい効果は↓の記事にまとめました。

関連記事⇒ノーノースメルの効果のまとめ!メリットとデメリットを解説

-よくある質問
-,

Copyright© ノーノースメルの口コミまとめ!効果から最安値の販売店情報まで紹介 , 2018 All Rights Reserved.