効果

ノーノースメルに副作用はある?薬用スキンケアグッズの安全性とは

投稿日:

ノーノースメルの副作用はあるのか

足の激臭対策用のノーノースメル

医薬部外品として認定されています。

ノーノースメルの副作用はあるのか

そんなノーノースメルですが、何か副作用があるのかどうか気になりませんか?

この記事では、ノーノースメルの副作用を紹介していきます。

 

ノーノースメルの副作用

結論から言ってしまうと、ノーノースメルの副作用を心配する必要はありません。

ノーノースメルは薬用と認定されているだけあって、医療用の成分が配合されています。

それが、イソプロピルメチルフェノールです。

殺菌・抗菌作用があるとされている成分で、これがノーノースメルのキモとなっています。

ですが、医療用成分となると効果も期待できる分、副作用も心配になりますよね。

しかし、ノーノースメルの副作用を心配しなくても大丈夫と言える2つの理由があります。

  1. 配合されている量
  2. イソプロピルメチルフェノールの安全性

それでは順番に説明していきますね。

 

イソプロピルメチルフェノールの配合量

ノーノースメルにはイソプロピルメチルフェノールが配合されていますが、その量は規定よりも少ない量で制御されています。

というのも、厚生労働省からこの成分を配合していい量というのが0.1g以下と決められているんですね。

ぎゃくにこの規定を守っていない商品は販売が禁止されています。

ノーノースメルを販売している会社は上場企業ということもあり、この審査基準をきちんとクリアしています。

まず、医療用成分の配合量がきちんと守られているという点で、安心できるでしょう。

 

イソプロピルメチルフェノールの副作用

ノーノースメルの主な成分はイソプロピルメチルフェノールです。

ですが、この成分自体がそもそも副作用の危険性がかなり低いんですね。

大阪化成株式会社から発表されている特性によると、以下のように書かれています。

「 低刺激、非感作性。ほとんど刺激性が無く、人臨床試験等で皮膚アレルギー性は報告されていません。」

(参考URL:http://www.osaka-kasei.co.jp/products/disinfectant/index.html

主成分の副作用としても危険性が低いことが分かりますね。

このようにノーノースメルの副作用は、心配する必要がないということが分かりました。

その他、ノーノースメルの詳しい効果や、実際に使った人の口コミは↓の記事にまとめました。

関連記事⇒ノーノースメルの口コミまとめ!効果から最安値の販売店情報まで紹介

-効果
-,

Copyright© ノーノースメルの口コミまとめ!効果から最安値の販売店情報まで紹介 , 2018 All Rights Reserved.